いつの間にか感染していた性病|簡単検査で早期治療

正しい性病予防

女性患者と握手する看護師

性病のこと知っていますか

性病とは正式には性行為感染症と呼ばれ、性行為によって感染する可能性がある病気の総称のことです。最近では英語名の頭文字をとってSTDとも呼ばれます。梅毒や淋病などの古典的な疾患を指して性病と呼ぶ場合もあります。性病にはウイルスによるものでは、HIVや尖圭コンジローマなどがあります。細菌によるものでは、梅毒や淋病、寄生虫によるものでは毛じらみなどが有名です。様々な性病がありますが、どれもほぼ接触によって感染します。とくにHIV(エイズ)は、潜伏期間が長いため気づくのが遅れ、他人に感染させてしまう危険が大きいです。自分も含め相手の安全が確認できない場合は、性行為時は必ずコンドームを正しく使用してください。

検査を受けていますか

性病を恥ずかしいと感じるかもしれませんが、早めに治療することで症状を早く改善させることができるかもしれません。症状に気づいた時は、すぐに受診および検査を受けて下さい。また、自覚症状のないまま、感染を拡大させてしまうことがあります。そういったことのないように、定期的に性病の検査を行うことがおすすめです。性病検査は、病院もしくは保健所で受けることができます。症状がまだ出ていない場合は、病院では保険の範囲外になる可能性があります。保健所では無料で、さらに匿名で検査を受けることができます。どうしても検査を受けに行くことに抵抗がある人は、まずはセルフチェックができる検査キットを購入してみてはいかがでしょうか。